天書璧尖頂褶曲
访问量
120
各国解说:

尖頂褶曲は、ジグザグ褶曲とも呼ばれている。軸部の曲率が極めて大きく、かつ両翼部が平面をなすジグザグ状の褶曲のことである。その多くは2回または3回の変形を加えたことでできる。天書璧は「砍天書」とも呼ばれていて、山頂部が鋭く尖った形をしているため、まるで天書の巻物のように見えるからである。ぜひ一度その魅力を体験していただきたい。