仙人洞浸食洞窟
访问量
114
各国解说:

仙人洞は、震旦(8億年-5.7億年前)砂岩の浸食洞窟である。平坦な砂岩層には、険しい節理面や小さな断層があって、流水が断層や割れ目に沿って浸食し、崩壊させたので、洞窟ができたのである。道教八仙の一人である呂洞賓がここで修行し、神様になったという伝説が残っているので、仙人洞とも名付けられた。様々な王朝の時代に崖に刻まれた彫刻を、今でもはっきりと見ることができる。